業務案内
  1. ホーム
  2. 業務案内
  3. 放送局業務
放送局業務
演出・番組制作から放送進行まで全般まで、トータルに行っています。
放送局業務は下記の各部門に分かれております。
制作技術制作技術報道放送技術マスター放送技術放送進行制作技術編集営業制作番組制作
制作技術

今にこだわる!!
日々変化する社会情勢を敏感に受け止め、いち早く正確に皆様に伝え、社会生活に役立つ情報や娯楽を発信しています。 FBS福岡放送の「めんたいワイド」「ナイトシャッフルG」「金曜トレビアン」「夢空間スポーツ」など"今"を迅速に伝える生放送番組でのスタジオオペレート、中継技術、ENG取材、その他スポーツ中継、公開収録、各種番組のオンライン編集やMA作業など番組制作の技術部門を全般的に担っています。私たちは"今"にこだわります。

報道

ワンカットが勝負
報道カメラマンは、ニュース・情報番組・ドキュメンタリー・スポーツ中継のカメラを幅広く担当し、事件・事故・災害など様々な現場にいち早く急行し、撮影して、放送局本社に送り、編集して、放送します。 撮影に際し心掛けている事は、「気持ちで撮る」事です。ただ現場の状況を撮るのではなく「自分の気持ち」「相手の気持ち」「視聴者の気持ち」この3つの気持ちで自分にしか撮れない画が撮れた時や、ワンカットワンカットに集中し綺麗な画・迫力のある映像が撮れた時など、カメラマンとしてのやりがいを感じます。

マスター(主調整室)

放送局の心臓部
マスター(主調整室)は、完成されたVTR・スタジオ・CM・提供・ニュース速報など、ありとあらゆる信号の監視と送出を行っている部門です。放送局の全ての信号が必ずマスターを通る為『放送局の心臓部』とも言われ、たくさんのモニタや最新の放送機器に囲まれています。 365日24時間正確な放送をするにあたり、その多くはオートメーション化されていますが、やはり最後には手や目・耳など『人』の力によって放送の安全を守っています。そして今日も、ご家庭へより正確で質の高い放送をお届けできるよう『声かけとチームワーク』を大切に業務にあたっています。

放送準備

正常な放送をお届けします
1日の放送データを作成・チェックし、放送当日までの準備を行う部署です。 作業を大きく2つに分けると、CMデータ作成と番組データ作成です。 CMは、広告代理店より搬入されるCM素材を指定された放送枠で流れるようにデータ入力を行います。 番組は、系列局から送られてくるネット番組や自社制作番組、生放送番組、VTR番組など、様々なケースのデータを作成しています。放送は、秒単位でコンピューター管理されていて、データ入力ミスやチェック漏れは、放送事故・不体裁に繋がるため、二重三重の確認を行い、常に視聴者の方へ正常な放送を届けられるよう努めています。

編集

わかりやすく、丁寧に
音楽番組,番組宣伝、生活情報番組、夕方情報ワイド番組、特別番組などの編集をやっています。作業内容は、あらかじめディレクターが編集してきたオフライン映像(撮影された映像をおおまかにまとめたもの)に文字テロップやBGMをつけ仕上げるというものです。 視聴者に"わかりやすく、丁寧に"をモットーに編集作業に取り組んでいます。

制作

旬の情報や生の現場を楽しくおもしろく
FBS福岡放送の「めんたいワイド」「ナイトシャッフルG」「金曜トレビアン」「夢空間スポーツ」の演出・番組制作を手掛けています。主な制作内容は様々なテーマを新しい切り口で分かりやすく楽しいVTR企画として制作。そして旬の情報や生の現場を意識した中継を番組内で発信しています。 番組の演出にも携わり毎日の番組構成やおもしろい番組作りに日々、頭を悩ませています。その分、達成感は何物にも代えがたいとても魅力的な仕事です。

ページトップへ戻る